2013年07月31日

もしかして!?

復習が楽しくなってきた私は最近新たな気づきがありました!!
それはもしかして耳が慣れてきた!?ということですぴかぴか(新しい)
最初は何を言っているのか聞き取れず、発音もうまくできず・・・
それが復習用CDを聞いていたら発音が良くなった気がするのです。
日本語にはない発音もだいぶ馴染んできたのか、前よりもうまく発音できるようになりましたひらめき
でもまだまだ完璧な発音までには程遠いと思っています。
もっともっと聞き込んで耳を慣らしていこうと思います!!
また新たな気付きがありましたらご報告しますexclamation×2
posted by セルマ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | M社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

復習用CD

前回の講義で、復習用のCDをいただきました。内容は、第一回の講義に内容が詳しく入っていました。
最初は、文法的な内容、次に発音と意味でした。賞味15分くらいでしたが、2回ほど繰り返し聞いてみると
頭の中にインプット。今では、第一回の講義の内容はすらすら話せるようになりました。特に、仕事中に車での移動時に聞くだけで、かなり理解できます。第2回講義以降のCDもはやくいただきたいです。
posted by セルマ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | H社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えっ!?まじですか。

昨日、『8月末に試験を行います雷』との通知がありました。
がく〜(落胆した顔)いやいやいや・・・・。

まるっきり、頭に入っていなくてふらふら悩んでいるのに、
更に試験ですか。。

どうしようぉ、もうやだ〜(悲しい顔)

悩める中高年犬F

posted by セルマ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | F社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

新たな復習法☆

先週「復習ができずに行き詰っている」という心のうちを明かしたのですが、
なんと昨日から楽しく復習をし始めました!!!!
その理由というのは復習用CDを頂いたことにありました。
私がなぜ今まで復習ができなかったかというと、家が勉強する環境になかったからなのです。
帰る途中までは、今日は少し復習しようかなと思っていても家に着くと誘惑がたくさん潜んでいます。
まず一人暮らしの私にとって勉強机がないという点も大きな問題点でした。
部屋の机を片付けて勉強・・・・仕事から帰ってきてまさかできません。
さらに家に帰れば大好きなテレビに雑誌、ついついそちらに手が伸びてしまいます。
そこで大活躍したのが今回の復習用CDです。
通勤時間を使い車でCDを流したところ効果覿面☆
通勤中の車の中は一人の空間なので、流れてくる音にとても集中ができたのです。
今までなかなか覚えられなかった簡単な挨拶の会話があっという間に頭の中へ!!
そこが覚えられたことによって自分に少し自信がついたのです(*^_^*)
正直私にはもうついていけないんじゃないか・・・・と落ち込んでた気持ちも見事に復活ぴかぴか(新しい)
話せる自分が楽しくなってきて今日も通勤中に2回も再生♪
良い復習法を習得しましたexclamation×2
この勢いで通勤中の時間を有効的に活用したいと思います!!
posted by セルマ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | M社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復習方法1

最近、みんなの勉強状況に合わせ、復習方法を改善していました。

やはり、復習の時間が取れないのが一番難しいところです。
時間がないみなさんのため、特別復習方法をつくりました。
早速、昨日復習用のものをみなさんに渡し、体験してくださいね。
効果があるかなぁ。。。と期待していました。

そして、今日の感想を聞くと、なんと良かったみたいですよ。
嬉しい!!!

実は毎日忙しい人でも、必ず勉強を利用できる時間があると思います。
例えば、電車や車を乗る時、家事をする時、ちょっとした散歩する時。。。
できるだけそのような時間を利用して、毎日少しずつ積み重ねることが大切です。

今回の復習方法は車を利用する人のため車という専用な空間に作ったものですが、
今後、みんなの生活スタイルの合わせ、またいろいろ復習方法を体験してもらいたいと思います。

引き続き注目してください。
posted by セルマ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | S講師より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

文章で覚えるのはまだまだ

前回の講義のあと、ハナウタでの単語のリズムはマスターしましたが、短文や中分もハナウタのリズムで、復習してみたが、イマイチ覚えられていない!
明日の講義では、先生に短文を発音するときのリズムなどを質問してみようと思います。中国語の奥深さを感じる今日このごろです。
posted by セルマ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | H社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

もぉ・・・頭は飽和状態ですよ。

先日、第3回目の中国語講座を受けました。

社長命令ですから、もちろん休めませんので、出席率はひらめき100%です手(チョキ)
ですが、実の所、講義には全然ついていけてませんもうやだ〜(悲しい顔)

まじ、やばいがく〜(落胆した顔)です。

だから折角の音声ファイル音楽も、
『ガサガサダッシュ(走り出すさま)ぶちっー(長音記号1)』って音が気になり、耳障りに感じてしまいます。

こんな状態でやっていけるのかちっ(怒った顔)・・・、今週も不安失恋と疑問exclamation&questionを抱えたままで、
週末リゾートを迎えます。

中高年猫F


posted by セルマ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | F社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

三回目が終わりました

中国語の試作授業を三回目まで進めました。

生徒たちが中国語の基本挨拶をだんだん喋れるようになって、時々電話を掛けてくれて中国語で挨拶をしてくれます。(ちょっと嬉しいね)

語学ってやはり日々の勉強が大事です。私自身もその大事さをとても実感しています。昔、暫く帰国することがありました。戻ってきた時、「あっ、日本語ちょっと忘れたかも...」との記憶があります。

外国にいて語学の環境があるから、当然勉強には早いですけど、じゃ、外国じゃなければ、どうやって早く身に付けるでしょう。その環境を自分で作るしかないですね。

しかし、毎日仕事をしているみなさんにとって、仕事が終わって中国語の勉強なんてなかなか難しいことです。でも毎日ちょっとだけ復習したら、本当に効果が全然違うです。

どうやって勉強者を自発的、しかも楽しく復習できるのは私にとって一番の課題になるかもしれないです。今までいくつかの方法が考えてきたので今後皆さんの勉強状況に合わせ叙々に体験させる予定です。

また、その結果をブログで公開しますので、是非注目してくださいね。
posted by セルマ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | S講師より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

復習の難しさ

中国語講座開催から早2週間。
今日はいよいよ3回目の講座の日です。
最初は楽しく続けて目指せ合格♪と思っていた私ですが、
早くも大きな壁にぶつかってしまいました。
それは「復習」ですあせあせ(飛び散る汗)
毎回出てくる多くの単語、覚えきらない発音・イントネーション。
本当はたくさん復習をして翌週の講義に備えたいものの、仕事との両立はなかなか難しいものです。
家で机に向かうのはなかなか難しいですよね・・・。
どうにか楽しく復習ができないものか、自発的に取り組めないものか・・・
これが今の一番の悩みです。
posted by セルマ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | M社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

ハナウタのリズム!

今回の講義で、リズムがなかなかつかめない事を説明したら、先生からアドバイスをいただきました。
その内容は、「ハナウタで中国語の単語を言ってみる」というものです!
一度言ってもらったら、声調がわかりやすかったです。
四声の意味がわからなかったが、一度ハナウタで話した後、単語を話すとベストな発音になりました。

ハナウタ恐るべし!
posted by セルマ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | H社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。