2013年07月12日

やっぱ、きついなぁ・・・・

一昨日、2回目の中国語の講義を受けました。

新しい単語が、またまた、ビシバシ出てくるしふらふら
自分では、聞こえた通りに言ってるんだけど、発音が違うらしいし、もうやだ〜(悲しい顔)
中国語は漢字だから、意味はわかるよね〜!手(チョキ)なんて思ってたけど、
簡体字だかなんだか、漢字を簡略化したものらしいけど、返って分りづらいし、
それに、なんか、学校の授業の延長のようでー(長音記号1)ー(長音記号1)
モチベーションがバッド(下向き矢印)激下がりです。

中国語って、今までの生活の中で全然必要なかったしちっ(怒った顔)
社長命令だから断れないしちっ(怒った顔)
あぁぁぁダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)、続けてく自信が失恋失恋・・・。

初回の講義を受けた直後に感じた
ぴかぴか(新しい)いけるかも感るんるん』は、いったいなんだったんだろう雨か。

中高年犬F


posted by セルマ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | F社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

HANAUTA(鼻歌)練習法

 昨日、2回目の授業が無事に終わりました。初回少々緊張した私も少し慣れたような気がします。
 前回は発音の練習がほとんどでしたが、今回は普段身近な単語、短文など日本語の意味と区別しながら紹介しました。また、最近考えていた発音を学びやすい方法HANAUTA(鼻歌)練習法も生徒のみなさんに実験してもらいました。

 その結果、発音練習の退屈さを最小限に抑え生徒さんたちが大変充実していたようで、中国語の勉強も徐々に興味を持ってくれた様子でした。

 ここで、このHANAUTA(鼻歌)練習法を少し紹介します。
 実は中国語と日本語が違ってアクセントを強調しリズム感がとても強いです。日本語のリズムで中国語を勉強すると凄く大変です。この特徴から私は鼻歌を利用する発音の勉強法に辿り着きました。
 皆さんは鼻にかかった歌を歌う経験がきっと一度はあると思います。それと同じような感覚で中国語の発音を覚える前に、まず単語、文のアクセントリズムを覚えます。その上で、発音の練習をさせてみたらびっくりするほど発音が良くなりました。

 昨日実験してもらった生徒さんもとても納得してくれました。これからもこの方法で練習させていき効果を楽しみしているところです。
 
posted by セルマ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | S講師より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

覚えてくると楽しい!

基本的な挨拶をマスターしました。日常のいろいろな場面で、なるべく話すようにしているとけっこう自然と
覚えていて、楽しくなってきます。
posted by セルマ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | H社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2度目の中国語に挑戦!!

私は大学の時に第二外国語で中国語を専攻していました。
昔から語学に苦手意識があり、大学でも単位を取得する為に
試験前必死に勉強した思い出があります。
それから7年ほど経過した今、この中国語講座を受講できることになり
楽しみ半分、不安半分といった中スタートしました。
正直「全くの初めてじゃないし、なんとなく雰囲気は分かるかなぁひらめき」という気持ちでいたのですが、
いざ講義が始まってみると大学時代に勉強したことを全て忘れ去っていることに気づきました・・・。
やはり語学というものは常に触れていないとどんどん忘れていってしまうものなのだと痛感しました。
日本語にはない発音に苦戦しながらも、まずは耳を慣れさせることが重要だと思い、
今は日々講座で用意していただいた音声ファイルを車の中で流しながら通勤をしています。
講座が始まり明日でちょうど1週間。
音声ファイルの会話の早さにも少し慣れてきました。
やはり日々の積み重ねが大切ですね。
明日はいよいよ第二回目の中国語講座の日です。
まだまだ先週分の単語が覚えきれておらず、気持ちは焦るばかりですが
まずは楽しんで続けることを目標に頑張りたいと思いますexclamation×2
posted by セルマ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | M社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

それは、1本の電話から始まったのでした

6月某日:社長から電話有。「Fさん、勉強好きでしょ!中国語講座立ち上げるから、7月からやって、半年で結果出してね。じゃ〜、宜しく」…ツーツーツー。雷
画期的な中国語講座を開発したと…
まずは、社内で効果を実証すると…
誰かが実験台になると…
耳噂には聞いていたけど、まさか自分が実験台になるとはダッシュ(走り出すさま)
どうなのふらふら、やれるのもうやだ〜(悲しい顔)、人選ミスじゃないのがく〜(落胆した顔)

中高年枠で人選されたようなんだけど…、
耳はついていけるかなパンチ
キスマークはちゃんと回るのかなパンチ
不安爆弾事がたくさんだけど、選ばれたからには、いっちょ手(チョキ)やりますかね。
この枠なので、期待度0だし、その分気楽に取組めそうだし…
123456

ビル初回の授業を受けたけど、発音は予想通り難しかったもうやだ〜(悲しい顔)

でも、まだ何か言葉にはならないんだけど、やっていけそうかも揺れるハートと、思いました演劇
感じた事がなんだったのかは、いずれ分ったら報告しますね。

中高年猫F
posted by セルマ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | F社員より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

中国語講座を開始します!

 私は現在中国語講座の先生をやっています。
 一昨年の年末に中国語先生の募集で入社し、元々語学教育業の会社ではないので、先ず教育法から研究してきました。それから1年半を経って、やっと独自の教育方法を作り出しました。

 中国語の勉強はよく言われるのが日本人にとって発音が難しいことです。入門のところに発音で挫折し諦める人がとても多いようなので、この勉強法は挫折させないことを出発点に考えました。
 また、復習が苦手な人でも楽しくできる方法も独自に研究していました。
 復習といったら退屈なイメージがあると思いますが、この方法では復習を娯楽化して遊びなら自然と学んだ内容を記憶できるようになります。

 そして、この講座の一番魅力的なところは【短期間で高いレベルを達成】ことが可能です。中国語の勉強に経験がない方はあまり聞いたことがないかもしれませんが、実はHSKという中国語検定試験があって、通常4級ぐらいはビジネスレベルと言われ、それを達成するため通常何百時間が必要ですが、私が目指したのは学びやすい方法で効率を高め短期間でこれを達成することです。また、本人の努力次第ですが、さらいにこの上のレベル(5級)を目標にするのも可能ではなくはないです。

 現在勉強のカリキュラムを完成して、本格的に講座をやる前に、まず、会社の社員さんに体験してもらい、この勉強法のいい実例になると思っています。

 これから受講者の皆さんが登場しますので、面白い記事を楽しみにしてください。
posted by セルマ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | S講師より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。