2014年03月14日

チーム座談会 その5

■授業を終えた感想
t_si.png
S講師
ニーハオ!

一同ニーハオ!!

t_si.png
S講師
さて、いよいよ3月16日の試験まで残り2日となりました。
まずは皆さん、8か月という長い間の授業、本当にお疲れ様でした。
試験はこれからですが、まずは一区切りということで、授業を終えた今の感想を聞いてみたいと思います。

s_h.png
H社員
お疲れ様です!S講師も長い間、ありがとうございました。
今の私の正直な気持ちは・・・「試験を早く受けたい!」ですね。

t_si.png
S講師
おお 心強いですね
試験に対して不安はありませんか?

s_h.png
H社員
少しはありますが、それよりも早く試験を受けて、いままでの成果を、合格という形で残したい気持ちの方が強いです!

k_m.png
M社員
私も同じですね。
授業が終わって寂しい気持ちはありますが、今回の試験が終わった後も、私自身の勉強はまだまだこれからですので、あくまで途中経過という感覚です。
緊張というより、わくわくの方が大きいですね。

k_fc.png
F社員
今まで中国語の授業と本業の仕事と両立してこれたのは、楽しく授業をしてくれたS講師と、一緒に勉強方法を試行錯誤してきたメンバーの力が大きかったと思います。
とはいえ、いざ授業が終わってみると、やっぱり寂しい気持ちはありますねぇ。まあ、今後も本業の方で毎日顔を合わせるわけですが(笑)

s_h.png
H社員
じゃあ、今後は私たちの間では、中国語を公用語にしましょうか(笑)

t_si.png
S講師
他の社員の方には、ナイショ話をしているようで怪しまれるかもしれませんが(笑)
でも、そうやって普段から中国語に触れる機会を持つことで、会話力もつきますし、とてもいい事だと思います。
まわりの方にも、ぜひ広めていってもらいたいですね。


■HSK1級の試験内容
t_si.png
S講師
それでは次に、HSKの試験内容について聞いてみたいと思います。
HSKは大きく分けて筆記試験と口頭試験の二つに分かれますが、今回みなさんが受験するのは、筆記試験の1級(H社員、F社員)と2級(M社員)ですね。
では、1級の試験内容がどんなものなのか、Fさんから解説をお願いします。

k_fc.png
F社員
はい。まず1級で求められるスキルですが、
・150語程度の常用単語とそれに相応する文法知識。
・中国語の非常に簡単な単語とフレーズを理解、使用することができる。
とされています。

試験時間は約50分間で、回答はマークシート方式です。
前半は、聞き取り(ヒヤリング)問題。
これは、会場のテープから流される中国語のフレーズを聞いて、答案用紙に複数用意されている写真やイラストから適切なものを選択する、という内容です。
1問5点×20問で、100点満点となります。

後半は、読解(文章を読み解く力)問題です。
これは、問題用紙に書かれた中国語の文章を読み解き、適切な回答を選択する、という内容です。
こちらも1問5点×20問で、100点満点となります。

ヒヤリング問題と読解問題がそれぞれ100点満点、合計200点満点で、6割の120点の獲得が、合格ラインになります。

t_si.png
S講師
なるほど。中国語を耳で聞き取るヒヤリング力と、文章を読む力が試されるわけですね。
1級を受けるお二人は、自信の程はどうですか?

k_fc.png
F社員
私は、前半のヒヤリング問題が少し不安ですね。ちょっとした聞き間違いが大きなミスに繋がらないようにしないと。
でも、後半の読解問題の方は、今まで何度も授業で模擬試験を重ねてきましたし、問題ないと思います。

s_h.png
H社員
私も、過去問題集で合格ラインを越えていますので、大丈夫だと思います。
ただ、答案用紙に書かれている問題の説明など全て中国語表記ですから、そこはどうしても戸惑ってしまいますね。


■HSK2級の試験内容
t_si.png
S講師
それでは次に、2級を受けられるMさん、2級の試験内容について解説をお願いします。2級は、1級と比べてどの程度のスキルを求められるのでしょうか?

k_m.png
M社員
はい。2級で求められるスキルは、
・300語程度の常用単語とそれに相応する文法知識。
・中国語を用いた簡単な日常会話を行うことができる。
とされています。

試験時間は約65分間で、回答は1級と同様、マークシート方式です。
出題は、1級と同じく前半がヒヤリング問題で、後半が読解問題です。

2級のヒヤリング問題は、テープから流される中国語のフレーズが1級に比べて長かったり、内容が会話だったりします。登場人物が増えますので、その分難易度が上がっています。
全35問で、100点満点となります。

読解問題も同じく、1級の内容をベースに、難易度を上げたものになります。
こちらは全25問で、100点満点となります。

t_si.png
S講師
2級も、ヒヤリング問題と読解問題が出される点では1級と同じですが、級が上がる分、会話の内容を理解できるスキルが求められるということですね。
2級は読解問題よりも、ヒヤリング問題の方が問題数が多いようですね?

k_m.png
M社員
そうなんです。br>2級は、特にヒヤリング問題が重要になってきます。
読解問題は文書が短いので、難易度が上がったとはいえ冷静に見直しをすれば点数を稼ぎやすいのですが、ヒヤリング問題は問題数が35問と多いので、ここでミスを連発すると一気に点数を失ってしまう怖さがあります。<


■試験前の意気込み
t_si.png
S講師
みなさんありがとうございました。それでは今日は最後に、試験を直前に控えた皆さんから意気込みの一言をお願いします。

s_h.png
H社員
絶対合格!

k_m.png
M社員
合格なんて当たり前でしょう!

k_fc.png
F社員
当然合格!
点数をどこまで伸ばせるか、楽しみです!

t_si.png
S講師
ありがとうございます。
あと残り二日ですので、無理をせず、十分に休みを取ってリラックスしてくださいね。
皆さんのレベルなら、問題なく合格できると思います!
本当にお疲れ様でした!頑張ってください!

一同ありがとうございました!


posted by セルマ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム座談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

チーム座談会 その4

■中国語を楽しむ
t_si.png
S講師
皆さん、ニーハオ!

一同ニーハオ!!

t_si.png
S講師
今回は久しぶりにHさんが登場です。
Hさん、前回は仙台への急な出張、お疲れ様でした。
往復6時間の車の中で、中国語のレッスンCDは聞けましたか?

s_h.png
H社員
お久しぶりです!
いや〜、大変でしたよ〜
でも、おかげさまで片道3時間、みっちり聞けましたよ!

k_fc.png
F社員
おお〜 受講者の鑑!
それじゃあ、仙台に着くころには、すっかり中国語漬けですね。

s_h.png
H社員
そうそう!それで仙台の事務所に入るときに、
「早上 好!(おはよう!) 今天很忙?!?(今日は忙しい!?)」
って言いながら入ったの。
そしたら仙台のみんな、「ぽっか〜ん」って(笑)

一同(笑)

t_si.png
S講師
さすがHさんです(笑)
勉強はつらいだけじゃなく楽しくあるべきですよね。
帰りの3時間も、中国語漬けですか?

s_h.png
H社員
いや〜
さすがに帰りはJPOP聞いちゃいました。GLAYとか(笑)

一同(笑)

t_si.png
S講師
他にも中国語に関する事で、何か面白い出来事はありましたか?

s_h.png
H社員
中華料理店で中国語を使って料理を注文してみましたよ。
二回チャレンジしてみましたが……

k_fc.png
F社員
通じました?

s_h.png
H社員
一度だけ通じました。
二度目は別の店員さんで、その人には通じなかったようです。

t_si.png
S講師
ちなみに、何を注文したんですか?

s_h.png
H社員
卵と野菜の炒めものです。
しかし、通じてなかったのは本当に残念でしたよ。
それで届いたのがエビチリですからね……

k_m.png
M社員
えっ エビチリはちょっと嘘くさい!(笑)
いまちょっと盛りましたよね?

k_fc.png
F社員
絶対盛りましたね。
エビチリというのがまたベタですねぇ

s_h.png
H社員
いや ほんとだって!信じて!

t_si.png
S講師
みなさん、なかなか鋭いですね(笑)

s_h.png
H社員
でも、まだ話すときに余裕がないというか、ちょっと恥ずかしさが先に立ちますねぇ。

t_si.png
S講師
なるほど。
でも、Hさんのように、中国の人と直接話をするのが、一番の練習になると思いますよ。
皆さんも是非そのような機会をたくさん利用して、中国語で注文することを楽しんでくださいね。


■今後の目標は?
t_si.png
S講師
それでは、これから中国語の勉強を進めていく上での目標について聞かせていただきたいと思います。
Mさん、どうでしょう?

k_m.png
M社員
私は、やっぱり、会話ですね。
せっかくここまで勉強したので、会話が出来るようになりたいです。
今まで授業を通してたくさんの事を覚えましたが、たぶん、試験が終わってしまったら、徐々に忘れていってしまうと思うんです。
ですので、試験が終わった後も中国語教室のようなところを見つけて、短い時間でもいいからもう少し上を目指して勉強を続けていきたいですね。

t_si.png
S講師
さすがMさん。語学は使わないとどんどん忘れていってしまいますから、本当の意味で中国語を身に付けるには、これからが大事だと思います。

k_fc.png
F社員
私も、始めたきっかけはともあれ、ここまで勉強したんだから、まずは、中国語で日常会話が難なくできるようになりたいです!

s_h.png
H社員
私は、一般的な挨拶をマスターしたいですね。
書くだけじゃなくて、挨拶の言葉を覚えていきたいです。
営業の仕事も、まずは挨拶から始まりますし、挨拶の大切さは万国共通ですから!

t_si.png
S講師
おお、グローバルな展開も視野に入れているとは!

s_h.png
H社員
これは本当です(笑)
せっかく外国の文化に触れるきっかけになりましたので。
中国語に限らずですが、例えば、外国の方と会った時にその国の言葉で挨拶ができれば、そこから会話が生まれて、コミュニケーションに繋がると思うんです。

t_si.png
S講師
いざその時になったら、きちんと交流ができるようにしたい、という感じですね。

k_m.png
M社員
わあ いいですね
私も外国の文化には興味があります。いつかこのチームで、中国に旅行に行きたいなぁ。
さすがに旅費は、会社から出ない……と思いますけど(笑)

t_si.png
S講師
その時は私がご案内しますよ♪
本場の美味しい中華のお店にも、みなさんを連れて行きたいです。

s_h.png
H社員
今度こそ中国語で、卵と野菜の炒めものを注文できるようにしておきます。

k_fc.png
F社員
エビチリもね(笑)

t_si.png
S講師
みなさん中国語を通じてたくさん得るものがあったようで、私も嬉しいです。
それでは、今回はここまでにしておいて…
話は変わりますが、いよいよ来週、3月16日がHSK検定の試験日になります。
次回の座談会は、試験直前ということで、試験の内容や問われる知識、試験を直前に控えたみなさんの心境などについて触れてみたいと思います。


第5回に続く(3月14日公開予定)
posted by セルマ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム座談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

合格です!!!

昨日、Sリーグを再開始してから、2回目の小テストをやりました。
順位は以下のようです 。左斜め下

1位 M社員 188点
2位 F社員 158点
3位 H社員 144点

第7節
 MFH勝点合計
M 675
F× 327
H×× 030

前回と同じく満点は200点で、合格ラインは120点です。
皆さん、合格おめでとう!!!(笑)揺れるハート
本番試験の結果もその言葉を言ってあげたいですね。

とにかく、残り一週間、その調子で頑張りましょう!!!手(グー)
posted by セルマ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | S講師より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

チーム座談会 その3

■働きながら勉強すること
t_si.png
S講師
皆さん、ニーハオ!

一同ニーハオ!!

t_si.png
S講師
今回もHさんは欠席です。
他有工作了(彼は仕事があります)。

k_fc.png
F社員
急に中国語が飛び出したのでびっくりしました(笑)
今日は急な出張が入ったみたいで、今頃仙台に向かっている頃だと思いますよ。
※H社員は普段、茨城、埼玉エリアを担当している。

k_m.png
M社員
あ、でも、『移動の車の中で中国語レッスンのCDを聞く!』って、はりきってましたよ。

k_fc.png
F社員
Hさんも結構忙しい人なので、今回の出張でまとまった時間が取れるのはある意味、一石二鳥かもしれませんね。

k_m.png
M社員
仙台までは往復で6時間くらいかかるので、逆に聞きすぎて中国語が嫌にならないといいんですが(笑)

t_si.png
S講師
何事も無理は禁物ですね
無理せず楽しく勉強する方法を考えていきましょう!
さて、勉強方法は人それぞれかと思いますが、いくらセンスがあるといっても、やはり勉強のやり方次第で成果が大きく変わってきます。
皆さんのように普段お仕事をされている社会人は、なかなか勉強の時間が取れないのが現実だと思います。
実際は、1日にどれくらい勉強の時間が取れていますか?

k_fc.png
F社員
私は、週に2回の授業の前日のみですね。
毎日コツコツやるべきなのは分かっているものの、一応主婦でもあるので、家に帰ってからも何かと忙しく、どうやって勉強の時間を確保するか、悩みどころですね。
あとは、私はHさんと違って出張はほとんどないので、毎日の通勤中にもっとレッスンのCDを聞く時間を増やしたいところなんですが……。

t_si.png
S講師
そういえば、Fさんのお宅、会社から近いですよね。

k_fc.png
F社員
その通りです。
近すぎて、すぐに会社に着いてしまうんです(笑)

t_si.png
S講師
今の時代、Fさんのように社会人で、さらに主婦の方もたくさんいらっしゃると思います。
そういう忙しい方でも、勉強のやり方次第で資格を取得できる方法を開発していくのが私たちの使命でもありますね。
Mさんは、どうでしょう?

k_m.png
M社員
私も同じく、今まではテストや授業の直前にしか勉強できていませんでした。
でも、Fさんと違って私の場合は会社から家が遠く、通勤に2時間くらいかかるので、今年に入ってからはできるだけ通勤中にレッスンのCDを聞くようにしてます。
あとは、休みの日にできるだけ中国語に触れる機会を持つようにしてますよ。

t_si.png
S講師
忙しい社会人にとって、限られた時間をいかに有効に、効率よく勉強を進めるのか。これがやっぱり一番の課題ですね。
あとは、ちょっとした時間に中国語の本を読んでみたり、H社員のように香港映画を観たり、歌を聴いてみたり、いろんな形で中国語に触れてみるのもいいと思います。
言葉だけでなく、中国の文化や習慣を知るのも理解を深める一つの手だと思いますよ。

k_m.png
M社員
今度Hさんに、香港映画のおすすめを聞いてみようかな(笑)

k_fc.png
F社員
みんなで一緒に観たら面白そう!
字幕なしで・・・は、さすがにまだキツイかな(笑)

t_si.png
S講師
そこは私が一時停止して通訳しますから大丈夫です!(笑)

t_si.png
S講師
今回皆さんから、勉強時間の作り方についてお話を聞いてみて、やっぱりとても大変だなぁと感じました。
でも、勉強はつらいものだけではなく、きっと皆さんにとって楽しい部分もあると思います。
次回は、中国語に関する事で、「面白い!」と感じたこと、エピソードなどがあれば、お聞きしたいと思います。
次回はH社員も参加できる予定ですので、ご期待ください。


第4回に続く
posted by セルマ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム座談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

チーム座談会 その2

1.中国語の特に難しい部分
t_si.png
S講師
皆さん、ニーハオ!

一同ニーハオ!!

t_si.png
S講師
今日はHさんが本業の方で急がしく、座談会は欠席です。

k_fc.png
F社員
Hさんが居ないと寂しいですね……
ところで本業って、映画鑑賞でしたっけ?

k_m.png
M社員
営業です(笑)あとで怒られますよ〜

k_fc.png
F社員
そうでした。Hさんごめんなさい、冗談です!

t_si.png
S講師
Hさんのキャラクターは貴重ですが、今日は女子3人で進めていきましょう(笑)
さて、前回は、皆さんが中国語講座を受ける前のご自身の状況について伺いましたので、今回は、実際に中国語の勉強をしてみて、特に難しいと感じたのはどのような点なのかを伺ってみたいと思います。
Fさんは前回、発音が難しいと仰っていましたね?

k_fc.png
F社員
そうですね、今でも相変わらず難しいのですが(笑)。
発音文字のアルファベット(ピンイン)に慣れるまでが特に大変で、当初は結構戸惑いました。今ではピンインに頼りっぱなしです。

t_si.png
S講師
そうですね。ピンインに関しては、確かに英語のアルファベットとは発音が異なる部分があるので、最初は混同してしまうかもしれませんね。
Mさんはどうでしょう?

k_m.png
M社員
私は、特に四声が難しいと感じました。
ピンインの四声通りに読んでみても、実際の発音とかけ離れていたり、四声通りに聞き取れなかったりで、結構戸惑いました。

t_si.png
S講師
なるほど。
四声については慣れによるものも大きいので、時間をかけて練習すれば、発音ひとつひとつの感覚がわかってくると思いますよ。
実際、長文の場合は、四声がはっきりしないケースが多々あります。
難しい部分ですね。


2.発音は耳で慣れる
t_si.png
S講師
皆さん発音には特に苦労しているようですね。
それでは、発音の難しさを克服するために、自分なりに努力や工夫をしたことがあれば教えてください。

k_fc.png
F社員
やっぱり、耳が慣れないと先に進まないので、最初は音から覚えるのがベストだと思います。ただ、小さい子じゃないので、耳だけで覚えるのは、なかなか難しいんですよ。
ですので、私の場合は、単語を目と耳から同時に頭に叩き込んでいきました。私にはこの方法が一番合っていたと思います。

k_m.png
M社員
私も、はじめは基礎からしっかり始めようと思って試行錯誤していたのですが、なかなか自分の中でその方法が確立できなくて、悩んでいた時期がありました。
そこで思い切って発想を変えて、まずは音を聞き取れるかどうか、という点に着目してみました。ひたすら単語の音を聞き、それから似たような発音と紐付けをするやり方に変えてみたんです。結果これが私に合っていたようで、より深く理解することができました。

t_si.png
S講師
発音を完璧にできるに越した事はありませんが、最初から完璧な発音ばかりを求めると、習得のスピードが遅く感じてしまって、挫折感を感じるかもしれませんね。
ですので、最初は発音よりも聞き取りに重点を置いて、ある程度聞き取れるようになってくれば達成感も持てるし、効果的だと思います。

k_fc.png
F社員
確かに、小さな達成感の積み重ねって、モチベーションを維持する上で、とても大切ですよね。

t_si.png
S講師
中国語には、日本語には無い難しい発音もありますし、それを全部吸収して自分のモノにするまでは、誰でも時間のかかるものだと思います。
実際のところ、皆さんの場合はどうでしたか?

k_fc.png
F社員
私の場合は、面白い発音の方が、記憶に残りやすかったです。
例えば、「タクシー」みたいに、なんか面白くて、テンポがある単語は好きですね。

t_si.png
S講師
なるほど。要はインパクトのある感じですね。
教え方を工夫して面白く伝えることは、教える側として、とても大事なことですね。

k_fc.png
F社員
単語の覚え方については、Mさんの勉強方法を教えてもらいたいです。
だって、彼女のヒヤリング力はものすごいですよ(笑)

t_si.png
S講師
今日の授業で行った練習問題でのヒヤリングも発音も、完璧でしたね。
本当にすごいです。

k_fc.png
F社員
ヒヤリングのみならず、ピンインが無くても読めるなんて……。
是非是非知りたいです!!(笑)

k_m.png
M社員
いや、そんな(笑)
ピンインが無くても読めるようになったのは、結構最近のことなんです。
何をしたかというと、通勤中にひたすら単語の音声を聞いたんです。
毎日1時間ほど聞き続けました。
そうしたら、ある時点から、一気にヒヤリングの点数が上がって……
ピンインが無くても発音できるようになったんですよ。

t_si.png
S講師
k_fc.png
F社員
す・す・素晴らしい!

t_si.png
S講師
という事は、「やはり耳で慣れる」ということが大事なんですね。
中国語に限らず、語学の勉強には環境が大切です。その環境がなければ、自分で作るしかないですね。
繰り返しになりますが、中国語では特に発音が重要です。
例えば、四声の場合、二声と三声を間違うと意味がまったく変わってしまうので、聞き取りに力を注ぐ必要があると思います。

k_fc.png
F社員
聞き取りといえば、最近、スーパーなどで流れている中国語のアナウンスや、街ですれちがった中国人の方の会話がちょっとだけ聞き取れるようになったんですよ!
これは、ヒヤリングの授業の成果だと思います。

t_si.png
S講師
おおー、そうなると楽しいでしょうね!
確実にレベルアップしている証拠だと思います。


3.自分の今のレベルは?
t_si.png
S講師
Fさんからレベルアップのエピソードを聞けたので、最後に、皆さんの中国語のレベルが今どれくらいになったと感じているかを聞いてみたいと思います。
Mさんはどうでしょう?

k_m.png
M社員
私は、例えばレストランで「ハンバーグセットを1つください」のような簡単な注文、一方的な発信はできるようになりましたが、それに対して、店員さんが中国語で返して来たら、まだ焦ってしまうと思います。
前に比べて、今なら単語力もついているし、試験対策で文法も教えてもらっているので、これからは会話ができるようになっていきたいです。

k_fc.png
F社員
私は、そうですねぇ
ピンインがなくても、文章を読んで大筋を理解できようになりましたし、簡単な文章なら作成できるようになりました。
ですが、やっぱり会話文の作成や、実際に会話をするとなると、まだちょっと難しいです。

t_si.png
S講師
なるほど。会話ができるようになると、更に中国語に興味が湧いてくると思いますよ♪
今皆さんがやっている授業は試験向けの内容ですから、どうしても基礎知識、特に理解の部分が中心でした。
これからは会話中心の授業にシフトしていきますから、より中国語が楽しくなってくると思います。

k_fc.png
F社員
会話中心の授業なら、私のヒヤリング力も確実にアップ!すると思います(笑)

t_si.png
S講師
それでは、次回は、社会人の受験者なら誰もが持っている悩み、「働きながらの勉強方法」について、お聞きしていきたいと思います。


第3回に続く
posted by セルマ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム座談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。