2014年02月24日

チーム座談会 その1

はじめに
皆さん、こんにちは。講師のSです。
これまでブログ形式でお届けしてきた「6ヶ月でHSK5級合格できる中国語講座!」ですが、今回からはちょっと趣向を変え、資格取得に挑むチーム全員での座談会という形で、全5回に渡り、よりリアルな声をお届けしていきたいと思います。
当事者でしか聞けないこともたくさんあると思いますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。



座談会メンバー紹介
t_si.png
S講師
しっかり者の中国人講師。
真面目で前向きな姿勢でチームを引っ張る存在。
趣味・特技:読書、アクセサリー屋・カフェ巡り

k_fc.png
F社員
中国語は未経験ながら、持ち前の明るさと主婦ならではの機転で、頼りになるお姉さん的役割。
趣味・特技:美味しい物ならいくらでも食べ続けられる事

k_m.png
M社員
チーム最年少にして唯一の中国語経験者。
女子目線のアイディアが光る。
趣味・特技:スポーツジム、料理、旅行

s_h.png
H社員
映画や海外ドラマが大好きで、特に香港映画に精通。
唯一の男性メンバーということで、実は一番楽しんでいる?
趣味・特技:海外ドラマ、ゴルフ、プロレス観戦




1.中国語に触れてみて
t_si.png
S講師
皆さん、ニーハオ!

一同ニーハオ!!

t_si.png
S講師
さすがに板についてきましたね。発音もバッチリです!
今日は初めての座談会ということで、少し緊張していると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

一同よろしくお願いいたします。

t_si.png
S講師
これまで皆さんの近況をブログでお伝えしてきましたが、今回は初めての座談会ということで、この企画に関わる中で皆さんがどのようなことを感じ、考え、頑張ってきたのか、自己紹介を兼ねてお聞きしていきたいと思います。
それでは、Fさんから、お願いします。

k_fc.png
F社員
こんにちは、Fです。
私は普段、求人広告などから応募された方の面接対応や、受注したお仕事を登録者に紹介したり、主に採用に関わる業務を担当しています。

t_si.png
S講師
最初に社長から『HSK5級を取得せよ』と聞いたとき、ビックリしたでしょう(笑)

k_fc.png
F社員
それはもう!(笑)
私は今まで中国語に触れる機会が全くなくて、自分で中国語を勉強しようと思ったこともありませんでした。
なので、まさか、今回選ばれたのは…ちょっと意外でした。私がお役に立てるのかどうか、最初の頃は悩みましたね。

t_si.png
S講師
まったくゼロからのスタートだったんですね。
でも、この企画には、Fさんのような「ゼロからの目線」が必要なんですよ。
「どうすれば、忙しい社会人が、無理をせず、楽しみながら語学資格を取得できるのか?」の研究と開発が目的ですから、まさにFさんのような方を対象とした事業なんですね。

k_fc.png
F社員
今はふっきれて、むしろ楽しんでます(笑)

t_si.png
S講師
さすがです(笑)
Mさんは、どうでしょうか?

k_m.png
M社員
こんにちは、Mです。
私の普段の仕事は、実際に派遣先を訪問して派遣スタッフの相談に乗ったり、職場環境の維持や改善に関する提案をするなど、主に労務管理の部分を担当しています。
私は大学時代に第二外国語で中国語を専攻していたのですが、当時は単位を取るために試験前に集中して勉強していた程度で、それから何年も経って大学時代に勉強したことを全て忘れてしまいました…(苦笑)
正直、今回中国語講座に参加する前は、ほとんど初心者レベルでした。

t_si.png
S講師
なるほど。語学は常に触れていないと、どんどん忘れていってしまいますからね。
でも、過去に学んだことは体で覚えているのか、やっぱりMさんが一番飲み込みが早かったように思えます。
Hさんはどうでしょう?

s_h.png
H社員
こんにちは、Hです。
私は普段、営業を担当しています。
FさんやMさんの直属の上司でもあるのですが、中国語に関して私はまったくの素人なので、逆に教えてもらうことの方が多く、今までの関係とはちょっと違った感じを楽しんでいたりします(笑)
中国語は、香港映画で聞いたことがあるくらいで、実際に授業を始めてみると、ちんぷんかんぷんでした(笑)

t_si.png
S講師
Hさんは海外の映画やドラマが好きで、よく観てますよね。
例えば、香港映画では何がお気に入りですか?

s_h.png
H社員
やっぱり、ジャッキー・チェンの「酔拳」でしょう。
小学生の時、ジャッキー・チェンとサモ・ハン・キンポーになりきって友達とよく遊んでましたよ(笑)
なぜか私はサモハン役ばかりでしたけど。
まあ、キャラ的においしいので、甘んじて受けてましたけど。

一同(笑)

t_si.png
S講師
ある意味、メンバーの中で一番中国文化に触れて育った方かもしれませんね(笑)
ちなみに、初めて香港映画を観たとき、中国語に対してどのようなイメージを持ちましたか?

s_h.png
H社員
日本語に比べて、話すスピードが早くて、それと、中国人は皆、声が大きいですね。

k_fc.png
F社員
あ、わかります。日本人よりも、ハキハキ元気よく話すイメージがありますね。

t_si.png
S講師
なるほど。
それは、中国語独特のリズムやアクセントが関係していると思います。
声調という独特のトーンがあって、頻繁に音程が上下する言語なんですよ。

k_m.png
M社員
日本語って、なんとなく、おとなしいというか、アクセントのバリエーションが少ないですよね。橋、箸、端、みたいな。
外国の方からしたら、どれも一緒じゃん!って。

s_h.png
H社員
いい例え(笑)
しかし、中国語の発音って本当に難しいですね。
ここ何か月の勉強の中で、自分にとって一番難しく感じたのは、やはり発音でした。

k_fc.png
F社員
私もそうでした。
文法も難しいのですが、やっぱり発音が一番苦手ですね。
最初に覚えた「我是日本人」で、いきなりとんでもなく高い壁にぶつかるんですよね(笑)

t_si.png
S講師
確かに、日本語にはない、中国語独特の発音で苦労している方はたくさんいるようです。
でも逆に、発音さえしっかりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。修飾語のかかり方(〜的など)などはむしろ日本語に近い感じで、自然な感覚で身につくと思いますよ。

s_h.png
H社員
文法なら任せて下さい!

t_si.png
S講師
それでは、これまで皆さんが中国語を学んできた中で、特に難しかった部分や、それを克服するため努力のエピソードなどを詳しく聞かせていただきたいと思います。

第2回に続く


posted by セルマ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム座談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。